コンテンツへスキップ

セキュリティ対策

企業や官公庁を狙ったサイバー攻撃は増加傾向にあり、その手口も年々巧妙化しています。組織のネットワーク内に侵入、あるいは顧客情報などが外部へ漏洩してしまうと、通常業務の継続が困難になるだけでなく、組織自体の信頼失墜や事業の存続自体が危ぶまれるリスクが生じます。

セキュリティソフト

弊社は、トレンドマイクロ社製品の取り扱い店です。

ビジネスセキュリティサービス(クラウド)

Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 月額
中・小規模事業者におすすめ!運用コストも抑えられるクラウドセキュリティソフト

従業員数の増減に合わせてPC1台から手軽に導入でき、全PCのセキュリティを遠隔管理できる「クラウド型」で管理サーバも不要です。 中・小規模事業者様で求められるレベルのセキュリティが自然に備わる製品です。

導入から管理までサポートさせていただきます。月額600円×PC台数分

製品カタログ

ビジネスセキュリティ(オンプレ)

製品カタログ

製品の比較

使用可能なサービスウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(クラウド)ウイルスバスター ビジネスセキュリティ(オンプレ)
集中管理
Webベースの管理コンソール
管理サーバの場所トレンドマイクロが運用するクラウド内お客さまが運用するサーバ内
アップデートとパッチの適用トレンドマイクロによるアップデート・適用お客さまによるアップデート・適用
Active Directoryのサポート
プラットフォーム
PC・ノートPC・Windowsサーバ
Macエージェント (iMac・MacBook) とサーバ
モバイルデバイス (Android・iOS)
ウイルス対策とWebセキュリティ
ランサムウェア対策
ウイルス、スパイウェアなど不正プログラムに対する対策
高度なURLフィルタによる不適切なWebサイトのブロック
Web脅威対策によるウイルス・脅威のビジネス到達前の阻止
モバイルデバイスセキュリティ
データ保護
USBデバイスの制御
ファイアウォール

ウイルスバスター個人向け

個人用もお取り扱いしています。

UTM

UTMはネットワークの出入り口で保護する「門番」

さまざまな脅威に対抗する手段として、これまではパソコンにインストールするタイプのウィルス対策ソフトのほか、ファイアウォールなどがよく知られていました。しかし、それらのみでは防ぎきれない、ネットワーク上の脅威も登場し始めています。

そうした流れの中で注目を集め始めているのが「UTM(Unified Threat Management)」です。
日本語で「統合脅威管理」と訳されるUTMは、業務用のパソコンやスマートフォンなどのデバイス(エンドポイント)を個別に保護するのではなく、組織のネットワークとインターネットなど、ほかのネットワークにつながる出入り口(ゲートウェイ)の部分を保護することにより、結果的に様々なデバイスが保護対象となることがUTMの特徴のひとつです。

UTMはネットワークの出入り口で保護する「門番」
UTMはネットワークの出入り口を防御する

UTMは2000年代前半に登場してから進化を続け、多くの機能を搭載しています。主流な利用方法は「アプライアンス型UTM」をネットワークの出入り口に設置して活用します。
最近ではUTMをクラウド上に実装し、物理的な機器の設置なしでサービスとしてセキュリティ機能を利用する「クラウド型UTM」が登場しています。いずれもネットワーク外部からの不正な侵入をブロックし、組織内部からの情報流出や有害サイトへのアクセスを防ぐ機能を持っています。